あさきゆめみる茶の時間

ティータイム ひねもす のたりのたりかな
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 晴れ、ときどき中国茶
CATEGORY ≫ 晴れ、ときどき中国茶
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

春のお茶会開催

お茶会開催しましたー。
今回はレアに平日開催!

茶譜
婺里香(ぶりこう)
通天香單叢
四季春(焙煎)
奇種烏龍
紅玉紅茶
紫娟紅茶
文山紅茶

今回参加のみなさんは、インストラクターだったりお店の方だったりして
とても熱心にメモしたり写真を撮ったり…
ちょっと緊張しました、ハイ(笑)
でも楽しかったです~淹れ手の私が楽しんじゃいました。

お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!

そして、今回の茶席は…前からやってみたかったハワイアン茶席~
2015040901.jpg

今回の隠れアイテムその1
2015040902.jpg

その2
201504093.jpg

ハワイアン茶席、シリーズ化しようかな~(笑)
スポンサーサイト

お茶会について思うことその2

お茶会について思うことその1の補足がてら追記

なんで私がお茶会をやるかというと、
単純に、楽しいからです。

以前は「中国茶を広めたい」と思ってたけど
今はそういうのは全く思わなくなりました。
だって私、お店じゃないし(笑)。中国茶の普及は、プロのお店のかたにお任せ(?)して、
私は私が楽しいと思うやり方でやりたいと思うようになりました。

以前、お茶友から聞いてうろ覚えなんですが、
イギリスのティーパーティーでは、ホストはあまり率先して話をせず
参加してる方々同士でお話してもらうものなんだとか。
ホストはお茶淹れメインで、例えば場が静かになってしまったときに
話題を何か振って、また場が盛り上がったらお茶淹れメインに戻る、と。
それそれ、そういうのが「マツユキ家にあるお茶を飲む会」です。
いや、私もしゃべるけどね、いち参加者として(笑)

前回の記事とかぶりますが、
お茶会なので、お茶とともにコミュニケーションを楽しめる場がいいのです。

お茶の淹れ方や知識を学びたい方には物足りないかもしれません。
そういう方はぜひ、他のお茶会やレッスンなどに行っていただき(笑)
うちのお茶会ではまったりしていただければ、と思います。

お茶会のコミュニケーション、とても楽しいです。
いろんな話をしている中で、新たな発見や新たな視点があったりして、
お茶淹れ人としても、一人の人間としても、とても刺激があります。
お茶の知識があるとかないとか、あまり関係なく、
逆にこちらが刺激を受けることも多々あったりします。
また、お酒の飲み会とかでも美味しいもの食べたり飲んだりした時に
場が盛り上がるのと同じように、
美味しいお茶を淹れられた時に、場が盛り上がると
ガッツポーズしたくなったり(笑)

と、私が楽しいと思うことを、他の方とも共有できて、
お茶会に来てくださった方々も楽しいと思ってくれれば、
お茶会、やってよかったなと思えます。

そういうのが私のお茶会なのですが、
この地で、もっともっといろんなお茶会が他にあればいいのに、とは
常々思います。だって私もお茶会行きたいもん(笑)
この人のお茶会はこういうのなのね、とか
こういうやり方もあるのか、とか、こういうお茶手に入れたんだーとか
そういうのも楽しみたいなー。

お茶会について思うこと。

こちらに引っ越してきてから、気が付いたのだけれど
こちらでは参加者もお茶を淹れる(もしくは教わりながらお茶を淹れる)お茶会というものが多く、
ほとんどそれがスタンダードのようになっているような感じがする。
 (いえ、そのスタイルが悪いってんじゃないのです。どうか誤解しないでください。
 私がいたころの首都圏ではあまりそういうの見かけなかったのに、
 こちらではみんながそうだから、へえ~!って思ったのです)

こちらではお茶(特に中国茶)があまり普及してないから、そういう感じになるのかも~
って思って、こちらでお茶会を始めた当初、同じようなやり方にしてみたこともあったのだけど、

何か私のやりたいことと違う気がしてたのもあるし
あと、「みんながやってるなら別に私までやらなくていいよね」という結論に達し、
試行錯誤もしたけれど、私自身、どうしたいのかなっていろいろ考えて、
私は自分のうちでお茶会をやるのだし、と
いきついたのが「マツユキ家にあるお茶を飲む会」でした。
(これ、ほんとは友人の「○○んちにあるワインを飲む会」からいただきました。
その話を聞いたときに、それだ!!って思ったの)

お茶の淹れ方や知識を学ぶのではなく、
お茶に触れる時間。お茶のある空間。
お茶が好きな人たちと楽しさ美味しさを共有する時間。
私にとってお茶は「コミュニケーション方法の一つ」って言ってくれた人もいます。
まさにその通りだなって思いました。そういうことを大事にしたい。

「お茶会のお茶は私がすべて淹れる」というスタイルなのですが、
みんなでお茶に触れて、みんなで楽しんで
そこで淹れてみたくなったら淹れてみたらいいし、
今飲んでるお茶を追及してみたくなったらすればいいし、
めんどくさいこと考えずにただ飲んで楽しみたければそうすればいいし。

お茶とどう向き合うかなんて人それぞれ。

どんな風にでもお茶と関われる、そんなお茶会がいいんだって思いました。

冒頭でも書きましたが、
「参加者もお茶を淹れるお茶会」を否定しているのではないのです。
そういうお茶会だって楽しいと思う。
同じお茶でもみんな淹れ方が違ったりして、新たな発見があったりもする。
そういうの、すごく楽しい。
ワークショップみたいなのだってとても興味あります。
いろんなお茶会があっていいのだと思っています。
というか、いろんなお茶会があればいいのにな、とは思います(笑)
(そのうち、みんなでお茶を淹れるスタイルでも、やり方を考えて、別のお茶会として、またやりたいですし)

でもたぶん、私がお茶と関わる中で一番大事にしたいのは「みんなでまったり楽しむこと」
なので、今のお茶会があるのだと思います。

そして、その中で心掛けてることの一つが「設え」。
お客様をもてなす気持ち、お茶のある空間の演出としていつも設えをしています。
お茶会じゃなくても来客があるときは掃除して、テーブルクロス変えて、とか
誰でもやることだと思うけど、それと同じだと思うし、
季節やテーマに合わせて設えることで、お茶のある空間をより楽しんでもらいたいなって思います。
こちらではあまり設えるひといないのですが、こちらのみんなもやればいいのに~。
私にとっては最高の遊び、です。設え。すごく楽しい♪

お茶の道はとても深くて長い。お茶の道の先輩たちからすれば
私なんてまだまだ甘っちょろくてヒヨコなんだろうけど
お茶を楽しく!という気持ちでこれからもお茶と関わっていきたい。

2015年最初のお茶会

去年10月以来のお茶会です。
今回のテーマは台湾茶♪
12月に台北行って買ってきたお茶を淹れました。
※今回買ってきたものじゃないお茶もあります(^^;バランス考えたらそうなっちゃったんですテヘ

茶譜
ウェルカムティー:文山包種
・阿里山高山茶
・奇種烏龍茶
・東方美人
・台湾アッサム
・紅玉

お茶請けは全部今回買ってきたものです~
2015012502
微熱山丘のパイナップルケーキは、持って帰ってきてすぐ冷凍したものを解凍してお出ししました。

そして、今回の設えはこんな感じで。
2015012501.jpg
年明けですんでちょっと華やかに♪かつ、台湾なので客家の花柄も使いつつ☆

茶器は、2回目の台湾で見つけた茶杯と
3回目の台湾で見つけた蓋碗と
今回見つけた茶海、という
4年越し(3回ごし)で揃ったセットを使いました。↓(参照写真)
2015012503.jpg

今回買ってきた台湾茶はまだ、ほかの種類もあるので、
春ごろに、台湾茶会againを開催する予定です。

久しぶりにお茶会♪

って前回のお茶会の時もそんなタイトルでしたが(笑)
お茶会やりました。
今回のテーマは「エコ茶会で買ってきたお茶を飲もう」の回。

茶席設えはこんなん。
2014102601.jpg

今回のマスコットはこちら。
2014102602.jpg

そして茶譜は
紫雲洞螺(しうんどうら)  心樹庵さん
龍眼六季(りゅうがんろっき)茶泉さん
東方美人          蘭亭さん
兄弟茶単欉         ラサさん
正山小種          茶泉さん
坦洋功夫紅茶        ラサさん

(「エコ茶会で買ってきた」だけではなく、「エコ茶会のために上京した時に買ってきた」お茶も含まれてますw)

今回はホント、どのお茶出そうか迷いました。
他にも美味しいのいっぱいあったんだけどなー。
でも今回は、参加する人たちにお出ししたことのないお茶、にしてみました。

そしていつもどおりワイワイお茶会やらせていただきました!
2014102603.jpg
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。