あさきゆめみる茶の時間

ティータイム ひねもす のたりのたりかな
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ お茶会「中国茶の旨みを楽しむ」TOPお茶会 ≫ お茶会「中国茶の旨みを楽しむ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お茶会「中国茶の旨みを楽しむ」

次回のてことば茶会は11月4日でーす。詳細は→ こちら。

---

毎月行ってるお茶会、今回は「中国茶の旨みを楽しむ」
お茶は
碧螺春、大禹嶺、梨山茶でした。

まずは碧螺春を高温、適温(80℃)、水出し、雫茶(氷で淹れる)で淹れて
旨みの違いを楽しみました。

12092901.jpg

この淹れ方、知ってはいましたが実際やるのは初めてでした。
(「雫茶」と言うの?)

茶葉の上に氷入れて、氷が溶けるのを待って
ちょっとずつ飲みます。
これ、美味しかった!
口の中でとろけるような、まろやかな甘み!

うちでもやってみようー

お茶ができるのを待つ時間というのも、
お茶を淹れるときの楽しみのひとつだと思うのです。
毎日忙しくて疲れてても、そういうゆったりとした時間。
わずらわしいことは忘れてお茶と向き合う時間。
そんな時間は持ちたいなー

デザートは、写真忘れました。
梨とぶどうのナントカ。←聞き取れず。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。