あさきゆめみる茶の時間

ティータイム ひねもす のたりのたりかな
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ お茶会について思うこと。TOP晴れ、ときどき中国茶 ≫ お茶会について思うこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お茶会について思うこと。

こちらに引っ越してきてから、気が付いたのだけれど
こちらでは参加者もお茶を淹れる(もしくは教わりながらお茶を淹れる)お茶会というものが多く、
ほとんどそれがスタンダードのようになっているような感じがする。
 (いえ、そのスタイルが悪いってんじゃないのです。どうか誤解しないでください。
 私がいたころの首都圏ではあまりそういうの見かけなかったのに、
 こちらではみんながそうだから、へえ~!って思ったのです)

こちらではお茶(特に中国茶)があまり普及してないから、そういう感じになるのかも~
って思って、こちらでお茶会を始めた当初、同じようなやり方にしてみたこともあったのだけど、

何か私のやりたいことと違う気がしてたのもあるし
あと、「みんながやってるなら別に私までやらなくていいよね」という結論に達し、
試行錯誤もしたけれど、私自身、どうしたいのかなっていろいろ考えて、
私は自分のうちでお茶会をやるのだし、と
いきついたのが「マツユキ家にあるお茶を飲む会」でした。
(これ、ほんとは友人の「○○んちにあるワインを飲む会」からいただきました。
その話を聞いたときに、それだ!!って思ったの)

お茶の淹れ方や知識を学ぶのではなく、
お茶に触れる時間。お茶のある空間。
お茶が好きな人たちと楽しさ美味しさを共有する時間。
私にとってお茶は「コミュニケーション方法の一つ」って言ってくれた人もいます。
まさにその通りだなって思いました。そういうことを大事にしたい。

「お茶会のお茶は私がすべて淹れる」というスタイルなのですが、
みんなでお茶に触れて、みんなで楽しんで
そこで淹れてみたくなったら淹れてみたらいいし、
今飲んでるお茶を追及してみたくなったらすればいいし、
めんどくさいこと考えずにただ飲んで楽しみたければそうすればいいし。

お茶とどう向き合うかなんて人それぞれ。

どんな風にでもお茶と関われる、そんなお茶会がいいんだって思いました。

冒頭でも書きましたが、
「参加者もお茶を淹れるお茶会」を否定しているのではないのです。
そういうお茶会だって楽しいと思う。
同じお茶でもみんな淹れ方が違ったりして、新たな発見があったりもする。
そういうの、すごく楽しい。
ワークショップみたいなのだってとても興味あります。
いろんなお茶会があっていいのだと思っています。
というか、いろんなお茶会があればいいのにな、とは思います(笑)
(そのうち、みんなでお茶を淹れるスタイルでも、やり方を考えて、別のお茶会として、またやりたいですし)

でもたぶん、私がお茶と関わる中で一番大事にしたいのは「みんなでまったり楽しむこと」
なので、今のお茶会があるのだと思います。

そして、その中で心掛けてることの一つが「設え」。
お客様をもてなす気持ち、お茶のある空間の演出としていつも設えをしています。
お茶会じゃなくても来客があるときは掃除して、テーブルクロス変えて、とか
誰でもやることだと思うけど、それと同じだと思うし、
季節やテーマに合わせて設えることで、お茶のある空間をより楽しんでもらいたいなって思います。
こちらではあまり設えるひといないのですが、こちらのみんなもやればいいのに~。
私にとっては最高の遊び、です。設え。すごく楽しい♪

お茶の道はとても深くて長い。お茶の道の先輩たちからすれば
私なんてまだまだ甘っちょろくてヒヨコなんだろうけど
お茶を楽しく!という気持ちでこれからもお茶と関わっていきたい。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。